消化器内科

  • HOME
  • 消化器内科

内視鏡検査をはじめ、消化器系検査全般に対応しています

内視鏡検査(上部・下部)を中心に、胃カメラも用いながら、消化器検査全般を行なっています。内視鏡、胃カメラによる検査では、がんから炎症までさまざまな疾患が発見できます。たとえば、胃や食道の場合は、食道がん、胃がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃ポリープ、などを発見でき、大腸の場合は大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、クローン病などを発見できます。

胃カメラによる、内視鏡検査

胃の内視鏡は、鼻から入れる経鼻タイプと口から入れる経口タイプを両方そろえていますが、腹部痛などの自覚症状がある患者さまには、経口タイプによる詳しい検査をおすすめしています。内視鏡を使った治療では、止血のほか、早期がんやポリープの切除などがおこなえます。胃炎や腸炎などの炎症性疾患の場合は、内服薬を使った治療をおこないます。患者さまの症状や、病状に合わせて、治療方針をご提案いたします。内視鏡検査で不快感を感じる患者さまには、鎮静剤を使って負担を軽くする処置もできますので、ご相談ください。

内視鏡を使用した治療

当クリニックでは、内視鏡による検査だけではなく、内視鏡を使用した治療もおこなっております。
病気の中でも、特にがんは早期発見・早期治療が重要です。
検査をおこなった際に、胃や大腸にポリープが発見される場合もあり、がん化する恐れのあるポリープはそのまま切除をおこなうこともあります。
そのほかにも、出血をしていた場合は、止血処置をおこないます。
止血処置から早期のがん治療まで、さまざまな治療をおこなうことができます。

大腸内視鏡検査

当クリニックでは、大腸内視鏡検査を受けて頂くことも可能です。
こちらの検査では、肛門からカメラを入れ、大腸の状態を検査します。
大腸がんをはじめ、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、クローン病などの発見ができますので、健康診断で大腸系の異常を指摘された場合や、血便や下痢が長期間続いているなど、大腸系の不調でお悩みの方は一度、ご相談ください。
なお、大腸内視鏡検査の際に、大腸の中に便が残っていると正しい検査結果を得ることができない為、前日夜から食事制限や下剤を使用した腸の洗浄をして頂く必要があります。